お得な節約術

サムシングフォーで結婚式の小物を安く済ませよう!

結婚式のおまじないとして、一度は耳にしたことがある【サムシングフォー】。

 

ただ名前は聞いたことはあっても、実際どのように結婚式に取り入れられているかわからない花嫁様も多いと思います。

 

今回はそんな花嫁様達に【サムシングフォー】の意味や由来、実際の結婚式での取り入れられ方(実例)を紹介します。

サムシングフォーとは

花嫁が身につけると幸せになれると言われる4つのアイテム

  1. 「なにか古いもの」
  2. 「なにか新しいもの」
  3. 「なにか借りたもの」
  4. 「なにか青いもの」

これらを総称して【サムシング・フォー】と呼ばれます。

 

由来はマザーグースの歌詞と言われていて、ヨーロッパでは200年以上前から結婚式で取り入れられました。現在では日本でも定番の演出となっています。

 

それでは一つ一つアイテムの説明をしていきます。

サムシングオールド(なにか古いもの)

サムシング・オールドとは新生活が豊かにおくれるように、先祖から譲ってもらったものを身につけます。

 

祖母や母のネックレスやベールをそのまま使用するかたも多いですが、ウエディングドレスなどヴィンテージものを今風にアレンジして使うかたも増えています。

  • ネックレス
  • ウエディングドレス
  • ベール
さしみ

ネックレスなどは試着時に持ってくる人が多いです。ネックレスの長さや色が選んだドレスと合うか試してみてください♡

 

サムシングニュー(なにか新しいもの)

サムシング・ニューとは新しい生活が幸せなものになるように新品のもの、もしくは自分で作ったものを身につけます。

  • 花冠
  • ベール
  • 新品のウェディングドレス
さしみ

花冠やイヤリングなどは100均で材料をそろえれば1〜2時間ほどで完成するのでオススメです♡

 

サムシングボロウ(なにか借りたもの)

サムシング・ボローとは結婚の成功例である知人夫婦や親戚夫婦にあやかれるように友人や知人から借りたものを身につけます。

 

比較的サイズの問題の少ないベールやティアラ、もしくはグローブ等が例として挙げられます。

  • ベール
  • ティアラ
  • グローブ
さしみ

ショップで借りると何万円も掛かってしまうので、知り合いに結婚している人がいたら相談してみましょう◎

 

サムシングブルー(なにか青いもの)

サムシング・ブルーはその名の通り青いものを身につけます。ブルーには忠実・信頼・純潔という意味があります。

 

純潔を表す青は、目立たない場所に身につけるのが良いとされています◎

  • イヤリング(ピアス)
  • ネイル
  • 指輪

イヤリング(ピアス)でさりげなく青を取り入れたり、ネイルで青を使用して指をキレイにみせるのオススメです。

 

さしみ

最近では指輪の裏側にブルーサファイアを埋めこんだ結婚指輪を作るかたも増えているようです!

 

サムシングフォーは結婚式小物の節約にもなる!

サムシング・フォーを身につけると幸せになれるというおまじないも素敵ですが、実はサムシングフォーは小物代の節約になります。

 

ウェディングドレスにあわせた小物を選ぶと大抵10万円を超えますが、サムシング・フォーで小物をそろえてしまえばほとんどが借り物なのでお金がほとんどかかりません

 

なので、これから小物をあわせようとお考えの方で予算がちょっと厳しい、という方は是非サムシング・フォーを取り入れてみてくださいね♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。